桐蔭レッスンアップ

桐蔭でレッスンを上げる為のコースです。

桐蔭では成績によって多くのレッスンに分かれており、レッスンを上げようと各々の生徒が競争する事により、大学受験に向けて実力を付ける仕組みを取り入れています。

このような仕組み自体は自由競争社会の中では普通にあることです。 上を目指す意欲的な人にとって本人の能力を高める上で効果的な仕組みだと思います。

もっとも意欲のない人や能力の低い人にとって辛い仕組みかもしれません。

高いレッスンにいると高い評定をとりやすく、結果的にレッスンアップはAO入試、推薦入試にもつながります。

 

 

難しいレッスンアップ

中学受験に成功して桐蔭の中学に入学して数年経つと自分の成績の位置(レッスン)が決まってきます。

この成績の位置とは「本人の能力」や「努力の力」、そして「指導者の指導の仕方」などの要因によって決まります。

この様に一度成績の位置が決まってから、更に成績を上げようとしても、なかなか上がらないものです。

本人の能力、努力の仕方、または指導者を変えない限り、成績は上がりません。

またレッスンアップするには現状のレッスン内で15%程度の順位の成績を取らなくてはなりません。

一つのクラスの中で上位15%に入るのは数字だけを見ても本当に難しいことです。

15%以内に入ると簡単に言いますが、入れない人が85%もいる訳なのです。

さらに下位15%になれば下のレッスンに落ちてしまいます。

 

 

自立学習による指導

当会ではたくさんのレッスンアップを達成してきました。

その中で分かってきたことは、真面目に努力する人がとても多いのですが、真面目故にあれこれと取り入れ、無駄が多いのです。すなわち レッスンを上げる為の必要最低限の勉強という物が分かっていないと言う事です。

①無駄な勉強を止めさせます。

②無理な勉強を指摘して止めさせます。

③更にレッスンアップの為の必要最低限の勉強を明確にします。

④その勉強に対して計画を立てます。

⑤必要最低限と言ってもレッスンを上げるためにはかなりの勉強量になります。自立学習がうまく機能しなくてはその勉強量はこなせません。自立学習法を教えどのようにこなしていくのか教えます。

⑥こなしていく過程を細かに管理し、宿題を出し、部活や習い事との整合性を取り、うまくいかない理由を聞き、親との相談をして計画を管理し試験日までに計画の完全遂行を目指します。このようなことを実現するためには熱意を持った先生の個別指導が不可欠だと言うことが納得できると思います。

 

 

無理無駄な勉強の排除

無理な勉強例

①しかし試験直前までダラダラと時間を過ごし試験直前になって猛烈に勉強する。

②基礎である教科書を無視して、試験に出そうな問題集だけをやる。

無駄な勉強例

①例えば優秀な先輩が使っていた異常に難しいテキストをやれば実力が付くと思い込んでしまう。

②本屋に多量に参考書が並んでいます。これらの参考書をやれば成績が上がると思ってしまう。


桐蔭レッスンアップコース

桐蔭学園のカリキュラムは他の学校とは大きく異なっており、またその年ごとに改革が進んでいくので学園に詳しい指導者でないとしっかりしたフォローアップは望めません。

マイジャイロは34年間培ってきた「自分の力で勉強が出来るようになる自立学習」を柱として桐蔭学園に精通した先生と数多くの輝かしい実績を基にレッスンアップ・内部進学合格へと導きます。

保護者様がご存じの通り、桐蔭学園2019年度より中学校(男子部・女子部)と中等教育学校は中等教育学校に一本化され、男女共学となります。中学校男子部・中学校女子部は募集を行ないません。

高等部は、2018年度より一人ひとりの可能性をさらに伸ばすため、「プログレスコース(難関国公立大学や医学部対応)」(普通科)、「アドバンスコース(国公立大学・早慶等難関私立大学対応)」(普通科)、「スタンダードコース(国公立大学・私立大学対応)」(普通科)の3コースを設置することになりました。

マイジャイロではこういった積極的に変革を進める桐蔭学園に通う生徒をしっかりとバックアップできる「桐蔭レッスンアップコース」がございます。
入会金不要の1ヶ月トライアルを受けられますのでまずはメールまたはお電話にてお気軽にご相談ください。

 

 

マイジャイロの桐蔭レッスンアップに関する変革

1985 マイジャイロの前身である自立学習指導会が創業する
     自分の力で教科書を読みこなす自立学習がここに誕生する

2000 高瀬塾長の長女が中学受験をするのをきっかけに大手塾に通わせるが大手塾では本物の力が付かないと確信し、

     四谷大塚と提携。中学受験コースを始める

2001 高瀬塾長の長女が桐蔭学園に合格したことをきっかけに桐蔭学園内でいかに実力を付けていくかについて研究を始める

2002 桐蔭レッスンアップコース開始
     初年度から多くのレッスンアップの実績を上げる

2004 桐蔭レッスンアップコースを週3回以上の通塾からにリニューアル

     これによりレッスンアップ率が飛躍的に向上

2016 塾名が自立学習指導会からマイジャイロとなるにあたってコースの質を上げるため桐蔭レッスンアップコース一時中断

2018 桐蔭学園が大幅な改革を行うのにあたり、マイジャイロも新・レッスンアップコースを大幅リニューアルにて開始