日常の出来事 · 2019/11/13
言語によらないコミュニケーションを、 「メタ・コミュニケーション」と呼ぶそうです。 例えば声のトーンが高くて明るかったり、笑顔で和らいだ表情を作ったり。 これらのことが、先生が生徒に接する大切なことだとつくづく思います。 センター北 高瀬佳子
日常の出来事 · 2019/11/13
佳子先生の、今週学んだこと!! あるユング派の心理学を学んだ大先生と偶然お会いする機会がありました。 そこで、コミュニケーション能力には大きく三つに分けられることを教えてもらいました。 1.聴く能力 2.表現する能力 3.かかわる能力 この、3のかかわる能力について私は特になるほどと思ったのです。 かかわるとは、「相槌を打つ」ことが大切だと。 「自分は相手と、こういう関係を築きたい」というハッキリした意志がないと、これはなかなか難しいものです。 先生と生徒との関係で、これはとても大事なことなのではないかと感じます。 「相槌を打つ」のは、夫婦にとっても、子育てにとっても、ペットを育てることにおいてもいつも心がけなければいけないと学びました。 センター北 高瀬佳子
日常の出来事 · 2019/11/07
センター北は、曜日によって先生が変わります。彩花先生は、中学受験の算数を、優しくきびしく、丁寧に、これでもかと言うほど教えています。 生徒も集中し、あの難しい問題に取り組んでいるのはすごいなあと思います。 教える人と教わる人一体とならないと楽しくないと私は感じます。 こういう難しい算数を、人生の中で解く作業を先生と一緒に会話をしながら理解するということが、子どもの大切な思い出となるのです。
勉強法に関して · 2019/10/28
いままで数多くの保護者様と接客・面談をしてきました。 その中でよく耳にするのが 「マイジャイロさんはうちにとって最後の砦(とりで)なんです…」というお言葉です。 青葉区・都筑区にはありとあらゆる学習塾が濫立しているため、 一つの所に卒業時まで通い続けずに転々と塾を変えることも珍しいことではありません。...
2019/10/18
猛威を振るった台風19号の爪痕が残ったまま一気に冬がやってきたような寒気がやってきましたね。 鼻をぐずぐず咳をコンコンしている生徒も出てきました。 みなさまくれぐれも体調にはお気を付けて日々お過ごし下さい。 さて、毎年恒例となりました受験生向けの「過去問演習会」の時期となりました。...
日常の出来事 · 2019/06/11
マイジャイロにはいつの間にかイメージキャラクターが出来ていました! その名も「ジャイロくん」 これです↓
2019/05/20
母:「子どもに勉強させたいけどうちの家計では正直そんなに費用をかけられなくて・・・」。 という保護者側の言葉や、 子:「たくさん勉強を教えてもらい、なるべく長時間勉強したいけどうちはお母さんがそんなにお金を出せないって・・・」。 といった子ども側の言葉など、...
日常の出来事 · 2019/04/18
先日、長い間通っていた生徒が無事志望校に合格しました。 そのお母様からとてもほっこりする温かいメールを頂いたのでご紹介致します。 (個人情報が含まれる部分は一部加筆修正を加えてあります) 以下本文 加藤先生 こんにちは。 いつもお世話になっております。 すっかりお礼が遅くなりましたが、 娘は、本人が希望していた○○高校に...
日常の出来事 · 2019/04/08
最近嬉しい事がありました。 元塾生が卒業して久しぶりに訪ねてきました。 Wさんは、和光高等学校を卒業後、横浜薬科大学に進学しました。 6年前当初の横浜薬科大学は、薬剤師の国家試験の合格率が20%に過ぎませんでした。 私は彼女が国家試験に合格できるか否かが心配でした。 薬科大学といえども相当数の大学があります。...
日常の出来事 · 2019/03/23
今日は毎年恒例の「合格祝賀会♪」をホテルビュッフェにて行いました。 たくさんの美味しい料理とたくさんの笑顔で大満足でした! みんなマイジャイロでしっかりと勉強のやり方を身につけて合格したわけだから、新しい環境でもバッチリ頑張れると思います。...

さらに表示する